3大ギタリストの話

ギター, ギターマガジン, 楽器, 音楽

こんにちは

だいてんねん(@daitennen5)です。

発売中のギターマガジン10月号の特集は「我が心の新3大ギタリスト」。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2018年 10月号 [雑誌]

今回は紙面掲載スペースの都合上、僕の「心の新3大ギタリスト」が載せられなかったようなのでこのブログで紹介したいと思います。

ギタマガさん、今度の特集は何ですか?

オファー待ってます。

1.Eddie Hazel


Eddie Hazel- Houston 1979

一人目はこのお方以外にありえません。

FUNKADELIC初代ギタリストにして永遠のNo.1ファンクギタリスト。

最強無敵サイケ大魔神。まさにファンキーゴッドブラザー。

宇宙を飲み込むブラックホール級ドライビングギター。

脳みそ溶かすミラクルフェイズサウンド。

頭イっちゃってる状態で垂れ流されるギターソロ以外にもリズム完璧エロさ全開の

バッキングは世界遺産級です。

すごいんですよホント、、、、

オススメ多すぎるけどこの1曲目とか視聴でもいいから聴いてもらいたいので

貼っときます。

全アルバムオススメ!!!

2.山本精一


山本精一&THE CROWN OF FUZZY GROOVERS “Mantral” 2011/12/25@SDLX

日本が誇るアングラスーパーギタリスト。

そちらの界隈ではとても人気者。

キレイな音色を奏でてますが、ノイズおじさんにもなります。

寝たままギターソロを弾くことも出来るそう。羨ましい。

見た目普通のおじさん、実は危ない人です。

このアルバムが好きすぎる。

Pop Tatari

Pop Tatari

3.斉藤”社長”良一


渋さ知らズ オーケストラ ライブ『平和に生きる権利/他』「アースデイ東京2017」2017.4.23 @代々木公園

渋さ知らズのギタリスト。

もうギター弾いてる顔が好き。見た目が好き。

この動画の 34分30秒あたりからギターソロですが、もう顔がすごい。動きもすごい。

音楽の楽しさ全身で表しちゃう系です。

このお方、毎回ギターソロはこんな感じになっちゃいますが、

バッキングとかめちゃセンスあるフレーズ弾きます。

東京ジャズを見てこのお方の演奏を見たことで僕はアドリブに興味を持ち、

マイナーペンタを覚えました。

その時の詳細はこちら。
daitennen-life.hatenablog.com

以前ご本人にお会いした時、「山本精一と同じぐらい好きです」って言っちゃったので3大ギタリスト入りです。

 まとめ

皆さんの好きなギタリストはいましたか?

僕はこういう雑誌はほとんど買わなかったんですが、最近のギタマガは面白い企画

ばっかりなのでつい気になって買ってしまいます。

この前のジャマイカ特集も面白かったな。

ギタマガさんこれからも面白い企画お願いします!

ではまた

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2018年 10月号 [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2018年 10月号 [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 9月号 [雑誌]

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 9月号 [雑誌]